重要事項説明書は老人ホームの情報が満載!

老人ホーム選びのプロセスには、施設の資料を集める、資料収集のプロセスがあります。

この資料は、老人ホームの見学候補を絞り込んでいく上で重要なのですが、特に重要な資料が「重要事項説明書」です。

老人ホームに対して法的に提出が義務付けられている重要事項説明書は、華やかな施設紹介のパンフレットよりも、施設選びにおいて大切な情報がたくさん掲載されていて、しっかりと読み込むことで、その施設の実情が見えてくることもあります。

こちらの記事では、老人ホーム探しにおける最重要資料である重要事項説明書の読み方のポイントをご紹介します。

重要事項説明書とは

重要事項説明書は、事業主体、設備、職員配置、利用料金といった有料老人ホームの概要やサービスが記載された書類です。

重要事項説明書は、老人福祉法で提出が義務付けられていて、老人ホーム選びに関する書類では最も重要なものの1つです。

書類と言っても表形式で記載されているので、書類を読むことが苦手という方も、書式に慣れてしまえば、読み進めることが苦にならないのではないかと思います。老人ホーム選びの際は必ず目を通すようにしましょう。

重要事項説明書の入手方法

重要事項説明書は、なるべく老人ホーム探しの資料収集の段階で取り寄せ、老人ホーム見学前に読んでおくようにしましょう。

気になった施設の重要事項説明書を入手するには、その施設のホームページの利用や施設に直接電話するなどして送付を依頼しましょう。一部の施設ではホームページでPDFファイルで公開もされています。

また、こうした資料請求は、老人ホーム資料を一括で請求ができる専門の検索・情報サイトを利用すると、まとめて資料が入手できて便利ですから、積極的に活用するのがよいでしょう。

都道府県や市区町村のホームページでは、所管の有料老人ホームの重要事項説明書のPDFファイルを一覧で公開しているところもあります。

参考リンク:
東京都有料老人ホーム重要事項説明書一覧 東京都福祉保健局

有料老人ホーム情報開示一覧表・重要事項説明書(1) – 埼玉県

重要事項説明書一覧|横須賀市

ちなみに電話で送付を依頼した際などに、「契約時にお渡しします」と言う施設や何らか理由をつけて渡そうとしない施設は、基本的な姿勢に大きな疑問がありますので、その時点でNGと考えて、候補から外してしまって良いでしょう。

重要事項説明書のチェックポイント

重要事項説明書で、チェックしておきたい項目をご紹介しましょう。

施設の所管の自治体によっては、重要事項説明書に下記でご紹介した記載項目がない場合もあります。記載がない項目は、施設の見学時に質問して確認するようにしましょう。

介護に関わる職員体制

「介護付き」の有料老人ホームの場合、重要事項説明書の施設概要の項、施設の類型や表示事項の箇所に記載されています。

厚生労働省が定めている「要介護者:介護・看護職員」の最低基準は「3:1」、つまり、「3人の要介護者を1人以上の介護職員や看護職員で看る」です。

ただ、「3:1」では充実した介護を受けるには不十分なのが実情で、この数値が「2:1」以上なら安心と言ってよい職員体制、「1.5:1」以上なら手厚いサービスが期待できる体制と考えて良いでしょう。

夜間の看護職員と介護職員の人数

重要事項説明書の職員体制(「従業者に関する事項」と表記されることもある)の項に記載されています。

一般的な基準としては、夜間の配置職員が最も少ない時間帯の配置数が、入居者30人に対して1人の割合なら合格と言えるレベルで、入居者20人に対して1人なら安心な体制と言えるでしょう。

前年度1年間の退職者数

重要事項説明書の職員体制の項に記載されています。

職員の入れ替わりが激しい施設かどうかはぜひチェックしておきたい点です。

スタッフの入れ替わりが頻繁だと、引き継ぎがきちんと行われなかったり、介護やサービスのレベルが安定しなかったり、という心配があります。また、スタッフの入れ替わりが激しいのは、その施設の運営や経営方針に問題がある可能性も。

基準の目安としては、「介護職員の半数以上が前年度1年間に退職」という施設は敬遠しておいた方が良いですが、施設の規模などによっても違いが出る数字ではあります。

自治体の書式によっては、この数字の記載がない重要事項説明書もあるようなので、その場合は、見学の際などに施設に聞いてみましょう。

入居率

重要事項説明書の入居者の状況の項に記載されています。

入居率は施設を判断する上で大変重要な数値です。

まず、数値が高ければ、人気のある施設で入居者の満足度も高いと考えられますし、低ければ、その逆かもしれないと推測されます。

また、入居率は老人ホームの経営の安定度を測る数値としても重要で、老人ホームの経営の採算ラインは入居率80%以上と言われています。

ですので、目安の数値としては、設立後3年程度であれば、採算ラインの80%を超えていることが理想です。

もちろん、設立してまもない施設の入居率が低いことはありえます。その場合は、同じ系列の施設があるようならば、その数値を参考にしても良いでしょう。

協力医療機関

重要事項説明書のサービスの内容の項に記載されています。

施設が提携している診療科目や協力内容を確認しておきましょう。持病がある方は、その診療科目を持つ病院が含まれているかは忘れずに確認してください。

老人ホームの提携医療機関については、下記の記事でも詳しいチェックポイントを紹介しているのでご覧ください。

記事リンク:
その老人ホームの医療ケアは大丈夫?

居室の住み替え

重要事項説明書のサービスの内容の項に記載されています。

介護が必要になって居室を移る場合の判断基準や手続き、利用料変更の有無、居室の面積の増減といった内容が記載されているので確認しておきましょう。

契約の解除の内容

重要事項説明書のサービスの内容の項に記載されています。

特に施設側から契約を解除される条件、つまり、退去を求められる場合の条件が記載されているので確認しておきましょう。

ただ、重要事項説明書の記載自体はあまり具体的ではないと思いますので、実際にどういう退去事例があるのかは、見学時などに施設に質問してチェックするようにしましょう。

老人ホームから退去を求められる場合については、下記の記事もご参考にしてください。

記事リンク:
老人ホームから退去しなくてはならない4つのケース

その他にもまだまだ…

上記でご紹介した他にも、「前年度の退去者の数」「入居一時金の初期償却率」「月額費用の内訳」「クーリングオフ」「保全措置」などなど、重要事項説明書でチェックしておきたいことはたくさんあります。それくらい重要な情報が詰まっている書類だということですね。

面倒でも必ず読んでおこう

重要事項説明書は、老人ホーム選びでは欠かすことのできない大切な情報源ですので、面倒がらずにきちんと読むようにしてください。

また、老人ホーム見学などでもそうなのですが、重要事項説明書の読み方についても、回数を重ねて慣れていくと、ご自分なりのチェック方法や読み方が自然と身についてくるものです。

そうなれば、もうしめたもの。効率的に読み進めて、各施設ごとの比較や見学の準備に有効に役立てていきましょう。

もちろん、慣れないうちは、上記でご説明したチェックポイントやサービス内容、費用などのご自身の重視するポイントのみに絞って読んでいただいても結構です。

信頼できる老人ホーム・介護施設をお探しの方へ

入居者の方やご家族の皆さんが信頼できる老人ホームや介護施設を探すには、信頼度の高い老人ホーム検索サイトで資料請求を行うのが近道です。

利用者満足度と信頼度No1の老人ホーム検索サイト「LIFULL介護」は月間120万人以上が利用する業界最大級のサイトです。

全国32000件の施設の中から、まとめて資料請求がカンタンにできます。

LIFULL介護 公式サイト

LIFULL介護の詳細はこちらの記事でご説明しています。