老人ホームや介護施設と介護保険サービス

老人ホームや介護施設を選ぶ際に、介護保険が利用できる施設なのかどうか、また、利用できる場合どのような種類のサービスなのかを知っておくことは、入居されるご本人にとってより適したサービスを受けたり、余計な費用の発生を防いだりするうえで大切です。

介護保険サービス関連では、漢字がいっぱい並ぶ聞き慣れない言葉が色々と出てくるために、とっつきにくさを感じたり、混乱されてしまうこともあるかもしれません。

でも、聞き慣れない漢字が並んでいる言葉も、老人ホーム探しでよく聞く通称や言葉に置き換えられるものもありますから、あまり難しく考えなくても大丈夫ですのでご安心ください。

介護保険制度と介護サービス

介護保険制度は、市区町村(「保険者」)が制度を運営していて、市区町村の住民は40歳になると「被保険者」として自動的に介護保険に加入します。

これにより、65歳以上の高齢者の方で、介護・支援が必要と認定された場合(要介護・要支援)、1割の自己負担で介護サービスを受けることができます。

また、40歳から64歳までの方で、特定疾病(例.初老期の認知症、脳血管疾患、末期がんなど)で介護が必要と認定された場合も、同様に介護サービスを受けることができます。

各サービスは厚生労働省の介護サービス情報公表システムで公開されています。

参考リンク:
公表されている介護サービスについて | 介護事業所・生活関連情報検索「介護サービス情報公表システム」

上記では非常に多くのサービスが公開されていますが、ここでは老人ホームや介護施設と特に関連の深い入居型の主なサービスに絞って紹介しましょう。

介護保険サービスと老人ホームとの関連

施設サービス

施設サービスは、介護保険施設に入所して受けるサービスです。

対象となるサービスは、介護福祉施設サービス、介護保健施設サービス、介護療養施設サービスの3つです。

それぞれのサービスは下記の種類の施設に対応しています。これらの名称の方が馴染みがあるのではないかと思います。

  • 介護福祉施設サービス = 特別養護老人ホーム(特養)
  • 介護保健施設サービス = 介護老人保健施設(老健)
  • 介護療養施設サービス = 介護療養型医療施設

これらの施設は、入居に一時金も必要なく、比較的低額でサービスを受けられるため人気で、特に特養は待機者が多く、入居まで何年もかかってしまうのが実状です。

特養と老健については下記の記事でも詳しくご紹介していますのでご覧ください。

記事リンク:
特別養護老人ホーム(特養)を知る!費用や入居条件は?

介護老人保健施設(老健)の役割は?

居宅サービス

居宅サービスとは、要介護・要支援の高齢者の方が自宅を中心に利用するサービスで、訪問介護、訪問入浴介護、訪問看護、訪問リハビリテーション、通所介護などがあります。

入居型の「特定施設入居者生活介護」もこの居宅サービスに分類されています。

「特定施設入居者生活介護」は、職員の数や設備、運営の基準を満たして都道府県知事の指定を受けた施設で受けられるサービスです。

この指定を受けた施設は名称に「介護付き」と名乗ることができます。介護付き有料老人ホーム介護付きケアハウスなどが該当します。

下記の記事もぜひご参照ください。

記事リンク:
特定施設入居者生活介護って何?

介護付き有料老人ホームの特徴を知っておこう

また、有料老人ホームの中でも、住宅型有料老人ホームで介護サービスを受ける場合は、居宅サービスの訪問介護や訪問看護などを利用する形になります。

記事リンク:
住宅型有料老人ホームの特徴は?介護のサービスはあるの?

地域密着型サービス

地域密着型サービスは、高齢者の方が身近な地域で生活し続けられることを意図して、原則として利用者はサービスを提供する事業者のある市町村に住む方に限られています。

ここに含まれる「認知症対応型共同生活介護」は、認知症の高齢者の方が、プライバシーに配慮された住居で共同生活を送り、排泄や入浴などの介護や日常生活で必要なサービスを受けるもので、グループホームが該当します。

記事リンク:
グループホームに入居できる高齢者はどんな人?気になる条件

また、「地域密着型特定施設入居者生活介護」「地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護」として、いずれも入居定員が29人以下の有料老人ホーム、特別養護老人ホームの各サービスも含まれています。

用語よりもサービス内容を把握しよう

介護保険サービスでは、「施設サービス」とか「特定施設入居者生活介護」、「認知症対応型共同生活介護」のような聞き慣れない用語が出てきますが、実際は、特養や有料老人ホーム、グループホームだったりと、よく聞く老人ホームや介護施設のサービスを差していたりします。

難しい用語を覚えるよりも、それぞれの施設がどのようなサービスを提供しているか、そうしたサービスの内容は入居を検討されている方に合ったものかどうか、という観点で把握するのがよいでしょう。

今回の記事で出てきた各サービスの施設は下記でもまとめてご紹介していますのでご覧ください。

記事リンク:
老人ホームと介護施設10種類の特徴まとめ

信頼できる老人ホーム・介護施設をお探しの方へ

入居者の方やご家族の皆さんが信頼できる老人ホームや介護施設を探すには、信頼度の高い老人ホーム検索サイトで資料請求を行うのが近道です。

利用者満足度と信頼度No1の老人ホーム検索サイト「LIFULL介護」は月間120万人以上が利用する業界最大級のサイトです。

全国32000件の施設の中から、まとめて資料請求がカンタンにできます。

LIFULL介護 公式サイト

LIFULL介護の詳細はこちらの記事でご説明しています。