特別養護老人ホームと有料老人ホームの3つの違い

老人ホームや介護施設の話をすると次のように聞かれることがあります。

「倍率が高いって聞くし、老人ホームに入るのって大変なんでしょう?」

そのようにおっしゃる方は特別養護老人ホーム(「特養」という呼び名の方が聞き覚えがあるかもしれません。)と有料老人ホームとの区別がごっちゃになってしまっているんですね。

老人ホームや介護施設探しでは、まずは特養と有料老人ホームの簡単な違いを押さえておくだけでも役に立ちます。

違いその1. 運営主体

まず、特養と有料老人ホームでは、施設の運営主体の性質に違いがあります。

特別養護老人ホーム

特養は地方自治体や公益法人の社会福祉法人が設立・運営しています。

特養は介護老人保健施設(老健)や介護療養型医療施設と並ぶ「介護保険3施設」のうちの一つで、施設の性質としては公的な施設と言えます。

介護保険で利用できる公的な施設であるため、要介護の認定を受けた高齢者の方が安い費用で入居でき、大変人気があります。

有料老人ホーム

有料老人ホームは民間の企業や社会福祉法人などが設立・運営しています。

基本的に有料老人ホームは営利を目的に運営されていて、さまざまな業界の企業が参入しています。

それゆえに施設の設備やサービス内容、費用まで多種多様で、よく言えば選択肢が豊富、別の言い方をするとピンキリと言う状態です。

特養とは違い、空きがあればすぐにでも入居することが可能です。

違いその2. 費用

次に、特養と有料老人ホームでは、かかる費用の額や費用の種類に違いがあります。

特別養護老人ホーム

特養は、基本的に月額の利用料のみが必要です。

金額としては約5~15万円ほどの費用です。

こうした月額利用料は、居室の設備やタイプ(例.相部屋か個室か)、本人や扶養義務のある家族の世帯収入や課税状況によって異なります。

有料老人ホーム

有料老人ホームは、入居一時金月額利用料が必要です。

入居一時金とは入居時に一括して支払うお金で、いわば家賃の前払い的なものと考えるとよいでしょう。

最近は「入居一時金ゼロ」のホームも増えていて、入居一時金の目安としては、0~数千万円と非常に幅があります。

月額利用料は、約10~30万円ほどの費用です。

内訳は、家賃や食費、健康管理などの費用と介護サービス費などです。

費用が安価な特養が人気

比較してみると、特養の方が費用が安いですね。この費用の安さが特養の人気の理由です。

また、有料老人ホームは特養と比較すれば費用は高めですが、その費用にはかなり幅があって、その費用に応じてクオリティも異なります。

有料老人ホームの費用については以下の記事でより詳しくご説明しているので、こちらもご参照ください。

記事リンク:
有料老人ホーム費用の相場はどれくらい?その内訳は?

違いその3. 入居対象者

3つめに、特養と有料老人ホームでは、介護が必要か否かによる入居対象者に違いがあります。

特別養護老人ホーム

特養は基本的に介護が必要な方で、要介護認定を受けている方が入居の対象になります

要介護認定を受けていることが必要

特養の入居対象者は、年齢は65歳以上、そして要介護1~5の認定を受けている方です。

ただし、2015年の4月から特養に入所できるのは、原則として要介護3以上の方になりました。

要介護1や要介護2の方については、やむを得ない事情で特養以外での生活が困難だと施設が判断した方のみが特例的に入所できるとされています。

参考リンク:
介護保険制度の概要 |厚生労働省

要介護3とはどのような状態かと言うと、立ち上がりや歩行が自力でできない、入浴の際の衣類を着たり脱いだりする時やトイレを利用する際などに全体的な介助が必要な状態です。

つまり常に介護が必要で、自宅での介護が困難な状態の方ですね。具体的には寝たきりや認知症の方などが該当します。

要介護度については下記の記事でご説明しているのでご覧ください。

記事リンク:
要介護度・要支援の内容と認定について知っておこう

特養になかなか入居できない理由

特養については、入居待ちの人数や入居待ちの年数など、なかなか入居できない状況がよく話題になります。

この記事冒頭のセリフの方も特養のイメージで「老人ホームは入居の倍率が高い」とおっしゃっているのですね。

特養になかなか入居できない理由の1つは、要介護度の高さや介護困難度が入居の基準になっていることにあります。比較的重度の方や緊急性の高い方の入居が優先されるのです。

つまり、早く申し込めば、その分早く入居できる、というわけではないのです。

要介護度の高い他の高齢者の方からの入居申し込みが優先される、ということです。

現状では、要介護度の高くない方が特養に入所するのは大変難しい状況と言えます。

このような特養の状況ですが、2016年後半から2017年初めにかけて「特養の待機者が減っている」という報道がされるようになってきました。

以下の記事で状況をまとめていますので、こちらもご覧ください

記事リンク:
特養の待機人数が減っているのは本当?入居しやすくなったの?

さらに、2017年3月27日に厚生労働省が3年ぶりに特養の待機人数の調査結果を発表しました。

以下の記事で調査結果と現状をご説明していますのでご覧ください。

記事リンク:
特養の待機人数減少が判明、入居困難な状況は変わらず

有料老人ホーム

有料老人ホームは、高齢者の方を対象にしている点では特養と同じで入居対象者の年齢は概ね65歳以上です。

ただし、有料老人ホームが特養と違うのは、必ずしも要介護の方だけを対象にしていないこと。

有料老人ホームは、介護サービスの提供状況によって、健康型住宅型介護付きの3つの種類に分けられ、それぞれに入居対象の方が異なります。

有料老人ホームの3種類

健康型有料老人ホーム

健康型は、自立した高齢者の方向けの有料老人ホームです。介護の必要がなく、元気に老後の生活を楽しみたい方向けの施設ですね。

ただし、介護が必要な状態になったら退去する必要があるので注意が必要です。

住宅型有料老人ホーム

住宅型は、一般的には自立した方も介護が必要な方も入居が可能で、介護が必要な時に訪問介護サービスを受けられる有料老人ホームです。

あくまで訪問介護サービスなので、施設に介護スタッフが常駐しているわけではありません。

介護付き有料老人ホーム

介護付きは、介護を必要とする高齢者の方向けの有料老人ホームです。常駐する介護スタッフによる介護サービスを受けられます。

介護サービスを提供するのはホームのスタッフのこともありますし、ホームが契約する外部委託先のスタッフのこともあります。

このように入居対象者の範囲が広い有料老人ホームですが、特養がなかなか入居できない状況に対して、有料老人ホームの場合は、施設に空きがあって、契約条件で合意できれば即入居することも可能です。

イメージの違いを施設探しに役立てよう

大きく3つの視点で特養と有料老人ホームの違いをご説明しました。

この他にも特養と有料老人ホームには違いがありますし、また、老人ホームや介護施設には他の種類の施設もあります。

記事リンク:
老人ホームと介護施設10種類の特徴まとめ

ですが、まずは高齢者向けの代表的施設である、特養と有料老人ホームの2つの違いを押さえておいて、それぞれの大まかなイメージを持っておくと今後の老人ホームや介護施設探しにあたっては楽になります。

そのうえで、まずは信頼できる老人ホーム検索サイトで資料請求から初めて、もっと詳しい情報に触れていくと良いでしょう。

特養と有料老人ホームのそれぞれについては、以下の記事でもっと詳しくご説明しています。

記事リンク:
特別養護老人ホーム(特養)を知る!費用や入居条件は?

有料老人ホームの基本(費用・種類・選ぶ基準)を知っておこう

それから、特養に入れない場合にどうしたらよいのかについて、以下の記事で詳しくご説明していますので、ぜひご覧ください。

記事リンク:
特養に入れない時どうするか?3つの選択肢とおすすめの方法

信頼できる老人ホーム・介護施設をお探しの方へ

入居者の方やご家族の皆さんが信頼できる老人ホームや介護施設を探すには、信頼度の高い老人ホーム検索サイトで資料請求を行うのが近道です。

利用者満足度と信頼度No1の老人ホーム検索サイト「LIFULL介護」は月間120万人以上が利用する業界最大級のサイトです。

全国32000件の施設の中から、まとめて資料請求がカンタンにできます。

LIFULL介護 公式サイト

LIFULL介護の詳細はこちらの記事でご説明しています。