有料老人ホームの基本(費用・種類・選ぶ基準)を知っておこう

特別養護老人ホーム(特養)の入居が困難な現在、有料老人ホームは高齢者の方の入居検討先としてまず最初に候補にあがる施設です。

ただ、ひと口に「有料老人ホーム」といっても、実際は施設によって様々な特色があり、費用の幅も広く、また、有料老人ホーム自体にも介護サービスの提供方式によって、いくつか種類があります。

こちらの記事では、有料老人ホームに関する基本的な情報をお伝えするとともに、どのように有料老人ホームを探して行ったらよいのかについてご紹介します。

特養に代わる施設候補の一番手

有料老人ホームは、民間企業や社会福祉法人が運営する、高齢者の方ための住宅施設です。

入居の対象は「60歳以上」や「65歳以上」と施設によって異なりますが、介護や生活支援、食事の提供、さらに外部の医療機関と連携した医療支援など高齢者の方が暮らしやすいように配慮された各種のサービスが提供されます。

事業者が有料老人ホームを設立するには、厚生労働省の管轄のもとで認可権を持つ都道府県知事に予め設立を届け出る必要があります。

最近では、有料老人ホームでの暮らしを希望する高齢者の方の増加や、特養の絶対数不足などを背景に特養に代わる存在としても期待を集めていて、有料老人ホームの施設数は増加しています。

厚生労働省の調査によれば、平成26年の有料老人ホームの施設数は9632です。

有料老人ホームと特別養護老人ホームの施設数推移図

有料老人ホームと特別養護老人ホームの施設数推移
出所:「厚生労働省 社会福祉施設等調査:結果の概要」と「平成26年社会福祉施設等調査の概況|厚生労働省」から作成

こうして増え続ける有料老人ホームですが、その設備や費用、そして提供サービス内容などは各施設によって異なり多種多様で、良く言えば選択肢が豊富、悪く言えばピンキリといった状態です。

有料老人ホームは即入居も可能

公的な介護施設である特養は、慢性的な施設不足のため、入居が非常に難しくなっているのが現状です。

これ対して、有料老人ホームは入居希望者と施設の運営事業者との自由な契約が可能で、施設に空きがあって契約条件に合意できれば、すぐに入居することが可能です。

有料老人ホームの提供サービス内容

有料老人ホームで提供される主なサービスをご紹介しましょう。

食事サービス

有料老人ホームの食事は決まった時間に提供され、栄養面や入居者の希望に配慮した献立が組まれます。

また、入居者の健康状態や食べ物を噛む力を考慮した介護食が提供されます。

健康管理サービス

体温・血圧・脈拍など(医学・医療用語でバイタルサインといわれます)のチェック、薬の服用の管理、健康相談などのサービスを受けることができます。

提携病院への送迎も無料ですが、病院内への付き添いはオプションサービスとなっているところが多いようです。

生活支援サービス

日常生活の家事にあたる、掃除(例.週1~2回)やシーツ交換、洗濯などのサービスが提供されます。

その他、買い物の代行や安否確認といった内容も含まれます。

アクティビティ

心身を活性化するための各種アクティビティ(レクリエーション)が実施されます。

誕生日会やクリスマスパーティなどのイベントや、お花見などの日帰り旅行など、これも各施設によって色々とあります。

また、書道や俳句、コーラス、ゲートボールなど入居者の方によるサークル活動が活発な施設もあります。

介護サービス

有料老人ホームは、介護保険の介護サービス提供方法がホームの種類によって変わります。

「介護付有料老人ホーム」では、ホームのケアマネジャーがケアプランを立て、ホームのスタッフがそのプランに則って介護サービスを提供します(一般型と呼ばれます)。

これに対して、「住宅型有料老人ホーム」では、ケアプランの立案はホームのケアマネジャーが行いますが、介護サービス自体は外部の介護サービス事業所のスタッフが提供します(一般型に対して外部サービス利用型と呼ばれます)。

有料老人ホームの費用は入居一時金と月額費用の2種類ある

「高い」というイメージを持たれがちな有料老人ホームの費用ですが、実際は施設や種類によって異なります。

有料老人ホームの費用は、大きく「入居一時金」と「月額費用」の2種類に分けられます。

入居一時金

入居一時金は有料老人ホーム特有の費用で、入居時に一括して支払う、家賃の前払い的な性格の費用です。

その金額は施設によって異なり、ゼロ~数億円と相当な幅がありますが、比較的多いのは300~1000万円台です。

入居一時金がゼロの場合は、月額費用のみの支払いとなります。

月額費用

月額費用はホームに入居していると毎月必要になる費用です。

内訳は家賃や食費、健康管理などの費用と介護サービス費などで、費用の目安としては約10~30万円ほどの費用ですが、この内訳も施設によって変わります。

例えば、介護保険の介護サービスを自己負担額以上に利用する際は「介護上乗せ費用」が発生しますが、ホームによってはこれが月額費用に含まれたり、別途計上されたりすることもあります。

こうした費用の内容や内訳は契約の前に必ず確認しておきたいことの1つです。

有料老人ホームの費用については、下記の記事でご説明していますので、ご参照ください。

記事リンク:
有料老人ホーム費用の相場はどれくらい?その内訳は?

有料老人ホームには介護サービス提供方法で3種類ある

有料老人ホームは、介護サービスの提供方法によって、「健康型」、「住宅型」、「介護付き」の3つの種類があります。

健康型有料老人ホーム

健康型有料老人ホームは、自立した高齢者向けの有料老人ホームです。

施設スタッフに家事を依頼することができるほか、いきいきとしたシニアライフを楽しみたい元気な高齢者の方のために充実した設備が揃っています。

健康型有料老人ホームでは、要介護状態が重くなったりして、介護が必要な状態になったら退去する必要があります。

住宅型有料老人ホーム

住宅型有料老人ホームは、介護が必要な時に訪問介護サービスを受けられる有料老人ホームです。

食事サービスや生活支援のサービスが提供される他、外部サービスを利用した介護サービスも提供されます。

施設内に介護スタッフは常駐していませんが、施設に入居しながら、外部の介護サービス事業者による訪問介護や通所介護などの介護サービスを利用することができます。

住宅型有料老人ホームについては下記の記事でも詳しくご紹介していますのでご覧ください。

記事リンク:
住宅型有料老人ホームの特徴は?介護のサービスはあるの?

介護付き有料老人ホーム

介護付き有料老人ホームは、介護が必要な時に常駐する介護スタッフによる介護サービス(一般型)を受けられる有料老人ホームです。

食事サービス、生活支援サービス、そして介護保険の介護サービスが提供されます。

介護付き有料老人ホームは、人員や設備、運営に関する各基準をクリアして、都道府県知事から介護保険の特定施設入居者生活介護の事業者指定を受けている施設です(特定施設といいます)。

介護付き有料老人ホームは、高齢者の方が介護を受けながら老後を過ごす、という一般的な「老人ホーム」のイメージに近い施設といえるのはないかと思います。

介護付き有料老人ホームは下記の記事でも詳しくご紹介していますのでご覧ください。

記事リンク:
介護付き有料老人ホームの特徴を知っておこう

有料老人ホームの選び方

ご紹介してきたように、特養入居が困難な現在にあっては高齢者の方の入居先検討候補の一番手になるのが有料老人ホームです。

ただ、それぞれが個性的で種類や費用のバリエーションもたくさんある有料老人ホームの中から、ご自分や親御さんに適した施設を選ぶのは大変です。

理想の老人ホームを選ぶには、焦らずに、入居する施設に求める優先事項をきちんと整理したうえで、複数の施設を見学して、ご自分や親御さん独自の選択の基準を作っていくことが必要です。

有料老人ホームを選ぶ基準

ただ、こうした基準ですが、老人ホーム探しに慣れていない方々とっては「何を基準にしたらよいのか分からない」というのが正直な感想ではないかと思います。

例えば、こうした基準となるのは、介護の質や便利な設備、静かな環境かもしれませんし、安価な費用や安定した経営母体ということもあるでしょう。

老人ホーム選択の基準は、入居検討者の方々それぞれのご希望や状況などによって、大きく異なってきます。

ですから、そうした老人ホームを選ぶ基準は「入居される方ご自身が決める」、それが難しければ、「入居者のご家族が決める」という必要があるのです。

どのようにご自分なりの基準を作っていくのか、下記では老人ホームを選ぶ基準作りに関する当サイトの記事を一覧にしてありますのでご覧ください。

記事リンク:
「老人ホームを選ぶ基準(ポイント)」に関する記事一覧

専門サイトや専門家を上手く使うのがコツ

さて、そうしたご自分なりの理想の老人ホームを選ぶための基準作りや実際の施設探しでは、有料老人ホーム探しの専門サイトや紹介センターなどの専門家の力を上手く利用していくことで、効果的に進められます。

ご自分でインターネット検索などから、個別に有料老人ホームを探していくことも可能なのですが、やはりどうしても時間がかかってしまいますし、情報の入手経路にも限度があります。

時間を大切にしたい有料老人ホーム探しにおいては、老人ホーム探し専門の情報サイトや老人ホーム探しの専門家の力もぜひ有効に活用したいものです。

信頼できる老人ホーム・介護施設をお探しの方へ

入居者の方やご家族の皆さんが信頼できる老人ホームや介護施設を探すには、信頼度の高い老人ホーム検索サイトで資料請求を行うのが近道です。

利用者満足度と信頼度No1の老人ホーム検索サイト「LIFULL介護」は月間120万人以上が利用する業界最大級のサイトです。

全国32000件の施設の中から、まとめて資料請求がカンタンにできます。

LIFULL介護 公式サイト

LIFULL介護の詳細はこちらの記事でご説明しています。