老人ホーム見学では「人」も要チェック!

老人ホーム見学の際には、施設や設備のチェックだけでなく、そこで働くスタッフや他の入居者の様子を見ることも大切です。

特にスタッフについては、「老人ホームの善し悪しは、そこでどのようなスタッフが働いているかによって決まる」と言われるほど重要です。

そこでこちらの記事では、老人ホーム見学で最も重要と言える「人」に関するチェックポイントについてご紹介します。

老人ホームで一番大切なのは人

老人ホームの質を左右するのは、そこで働いている「人」だとよく言われます。

ご自身やご家族がその施設に入居したら、どんなスタッフが介護や日常の世話をしてくれるのか、また、そうしたスタッフを束ねる施設の経営者や責任者はどんな人柄の人物なのか、そして、一緒に施設で暮らす入居者たちはどのような人たちなのか。

いくら設備が整った施設でも、こうした人々が入居者ご自身の好みと合わなかったり、価値観が異なったりすると、今後の施設での生活は大変不安なものになります。

得てして、老人ホーム見学は「設備見学」が主になってしまいがちなのですが、むしろ、そこにいる様々な「人」もよく見ておくことが、入居を検討されている方のこれからの入居生活にとっては本当に大切なことなのです。

お世話になるスタッフの質はどうか

やはり一番気になるのは、入居後にお世話になるスタッフの質です。

見学を案内する担当者の印象

あなたの見学を案内する施設の担当者が、一番初めに出会うその施設のスタッフということになると思います。そのスタッフの印象はやはり大切です。

ただ、「人」を見る、と言っても、あまり構える必要はないと思います。

例えば、身だしなみや、態度や言葉づかいというような、普段の人付き合いやビジネスの場などで相手に対して気にするような点がチェックポイントになります。

さすがに、見学の案内をするスタッフなので、それほど印象が悪い方は少ないとは思いますが、もしも、ここで印象が悪い場合は、その施設への入居は慎重に判断した方が良いでしょう。

施設で働いているスタッフの印象

また、案内のスタッフだけでなく、施設で働いている他のスタッフの様子をしっかりと見ておきましょう。

老人ホームのスタッフの仕事は大変なのはもちろんなのですが、表情が暗いスタッフが多かったり、切羽詰まった様子で走り回っているスタッフが目につくようだと、その施設は注意しておいた方がよいかもしれません。

そして、スタッフが行う介護や世話の様子が手慣れているかどうかもきちんとチェックしておきましょう。

挨拶はしてくれた?

それから、見学者とすれ違った時などに、スタッフがきちんと挨拶をしてくれるか、という点もチェックしておいて良いと思います。

基本的に老人ホームはサービス業ですから、外部から来た人に施設のスタッフはにこやかに挨拶してくれるのが普通です。

そうした挨拶がないようだと、スタッフに挨拶をするほどの余裕がなかったり、または施設のスタッフに対する基本的な教育が行き届いていなかったり、という可能性を感じさせます。

施設の責任者の印象はどうか

施設の質を左右するのはスタッフですが、そうした重要なスタッフたちを束ねるのは、施設の責任者や経営者です。

施設の雰囲気は責任者や経営者で変わる、と言ってよいでしょう。

老人ホームの見学時には、その施設の責任者や経営者が施設の説明を行ったり、見学者からの質問に回答することが通常です。

そうした説明の様子や質問への回答内容などから、その責任者や経営者がどのような人物か、見学者のあなたが持った印象は、施設入居のための判断材料として大切にしておきましょう。

施設の責任者や経営者を「見る」ことも、難しく考えず、スタッフの時と同じように、普段の人付き合いやビジネスなどと同じ感覚で判断してよいと思います。

質問で責任者の人柄を見る

例えば、責任者が見学者からの質問の内容に的確に、そして質問者に分かりやすいように配慮して回答していることが感じられれば、その責任者は真摯で信用できる人柄ではないかと考えられます。

一方で、その責任者が質問をはぐらかそうとしたり、要を得ない回答をするようであれば、信用できない印象や頼りない印象で、付き合いは遠慮しておきたいタイプと言えるのではないでしょうか。

施設やスタッフ、そして何よりも入居者のことを第一に考えて、施設の運営をしていることが、言葉だけでなく、態度や雰囲気から感じられるようだと、理想的と言えるでしょう。

一緒に暮らす入居者の様子はどうか

見学時には、可能であれば他の入居者の様子も観察しておきたいものです。

入居した場合、日々の暮らしをともにすることになる身近な人々でもありますし、また、今見学している入居者たちの様子は、その施設で介護やお世話を受けることになる入居検討者の方ご自身の将来の姿ともなりえます。

入居者の服装はきちんとしていて、清潔感が保たれているか、そして表情はどうかといった点は気にしておきましょう。

もしかすると、スタッフや責任者の話以上に、他の入居者の様子の方が、その施設について読み取れることが多いかもしれません。

どれくらいの要介護度の入居者かにも注意する

それから、その施設への入居を検討されている方と、実際のその施設の入居者の要介護度の差にも注意しておきましょう。

要介護度が重い入居者が多い施設の場合、自立や要介護度が軽い方の入居は避けておいた方がよいでしょう。

第一印象や直感も大切にしよう

老人ホーム見学の短い時間の中では、「人」をチェックするのは、施設面のチェック以上に難しいことかもしれません。

そんな時は、スタッフや責任者、他の入居者を見た時にあなたご自身が持った第一印象に従っておくのも一つの手です。

上手く言葉にできなかったとしても、あなたの直感が「あ、この人とは合わないな」と告げているようであれば、とりあえず、その施設は候補から外しておいた方が良いでしょう。

各施設の見学では、そうした直感をもとにして候補を絞り込み、見学後の体験入居で最終的な施設や人の見極めを行って入居先を決定するようにしましょう。

老人ホームの見学に関しては下記の記事でもご紹介していますので、ぜひご覧ください。

記事リンク:
老人ホーム見学の心得と準備しておきたいこと

老人ホーム見学時のチェックポイント

老人ホームや介護施設の見学時は周辺環境もチェックしよう

老人ホーム見学時は必ず質問しよう

信頼できる老人ホーム・介護施設をお探しの方へ

入居者の方やご家族の皆さんが信頼できる老人ホームや介護施設を探すには、信頼度の高い老人ホーム検索サイトで資料請求を行うのが近道です。

利用者満足度と信頼度No1の老人ホーム検索サイト「LIFULL介護」は月間120万人以上が利用する業界最大級のサイトです。

全国32000件の施設の中から、まとめて資料請求がカンタンにできます。

LIFULL介護 公式サイト

LIFULL介護の詳細はこちらの記事でご説明しています。