住宅型有料老人ホームの特徴は?介護のサービスはあるの?

有料老人ホームのうち、住宅型有料老人ホームは、高齢者の方に食事サービスや生活支援サービスを提供する、いわば高齢者向けマンションとも言うべき施設です。

高齢者の方が、自分らしい自由な生活を送ることを支援し、また、そのための様々な設備のある施設が最近は増えています。

一方で、介護が必要になった場合、住宅型有料老人ホームでは、住み続けることは可能ですが、介護付き有料老人ホームとは違った介護サービスの提供形態となり、費用などにも注意が必要です。

こちらの記事では、こうした住宅型有料老人ホームの特徴をご紹介します。

高齢者の快適な生活を支援、介護も可能

住宅型有料老人ホームは、民間の事業者が運営する、食事サービスや生活支援サービスを提供する高齢者向けの居住施設です。

入居の対象は、自立した高齢者の方や要支援の方、比較的軽度の要介護の方ですが、要介護度が重くなると退去しなければならない場合もあります。

提供されるサービスは、施設スタッフによる食事や掃除、洗濯といった日常生活の支援、見守り、そして緊急時の対応などです。

施設や費用によって違いはありますが、設備やレクリエーションが充実しているところもあります。

介護スタッフは常駐していない

住宅型有料老人ホームは、介護付き有料老人ホームのように都道府県から「特定施設入居者生活介護」の指定は受けていないため、特定施設ではありません。

そのため、施設に介護スタッフは常駐していませんが、外部サービスを利用することで、施設に居住しながら介護を受けることができます。

住宅型有料老人ホームと介護付き有料老人ホームの違いは、この介護スタッフが施設に常駐しているか否かの違いです。

特定施設入居者生活介護についてはこちらの記事でご説明していますのでご覧ください。

記事リンク:
特定施設入居者生活介護って何?

最近は住宅型が増えている

住宅型有料老人ホームは都道府県からの設立の認可が受けやすいという事情もあり、最近その数は増え続けており、介護付き有料老人ホームよりも施設数自体は多くなっています。

有料老人ホーム数の種類別推移図

有料老人ホーム数の種類別推移
出所:公益社団法人 全国有料老人ホーム協会「平成25年度 有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅に関する実態調査研究」

介護は外部サービスを利用

住宅型有料老人ホームで介護を受けるのは、自宅で介護保険制度の介護サービスの「居宅サービス」を利用するものと同じと考えて良いでしょう。

「外部サービス」というのは、住宅型有料老人ホームの運営事業者とは異なる別の事業者が提供する介護のサービスを指します。

施設の運営事業者と介護サービスの事業者が異なるという事情を考慮してか、住宅型有料老人ホームの同じ建物内に介護サービス事業者が入っていることも多いようです。

住宅型有料老人ホームで介護サービスを受けるには、外部の介護サービス事業者と利用者の方が個別に契約する必要があります。

また、介護保険の介護サービスを受けるには要介護認定を受けていることが必要です。

介護保険や要介護認定については下記の記事でご説明しているのでご覧ください。

記事リンク:
老人ホームや介護施設と介護保険サービス

要介護度・要支援の内容と認定について知っておこう

外部の介護サービス事業者と個別に契約した後、利用者の方は外部のケアマネジャーにケアプラン立案を依頼し、そのプランに則って、契約した介護サービス事業者が、利用者の住む施設に来てサービス(例.入浴や排せつなどの訪問介護サービスなど)を提供します。

この形態だと、利用者がケアマネジャーと介護サービス事業者をそれぞれ個別に選んで契約する形なので、選択の自由があり、きめ細かなサービスを期待することができます。

例えば、これまでご自宅で介護サービスを受けていた方は、住宅型有料老人ホームに移っても同じケアマネジャーやヘルパーに引き続きケアの依頼をすることも可能です。

費用は入居一時金と月額利用料。介護費用には注意が必要

住宅型有料老人ホームの費用は入居一時金と月額利用料です。

金額の目安としては入居一時金が0~数千万円、月額利用料が10~30万円と幅があります。

住宅型有料老人ホームの費用で気をつけておきたいのは介護に関する費用です。

住宅型有料老人ホームで介護保険を受ける仕組みは、一般の住宅の場合と同じで、利用した分を1割負担で支払います。

これは、要介護度が低い方は費用が少なくて済む一方で、要介護度が重い方は介護サービス利用の回数が多くなると費用がかさみ、介護保険の上限額を超えた分は全額自己負担になるので注意が必要です。

この点が、介護保険の「特定施設入居者生活介護」で介護サービスの費用が定額の介護付き有料老人ホームと、介護保険の「居宅サービス」の訪問介護などを利用して費用が積み上がる住宅型有料老人ホームの一番の違いと言ってよいでしょう。

入居一時金と月額利用料など有料老人ホームの費用については下記の記事でもご説明していますのでご覧ください。

記事リンク:
有料老人ホーム費用の相場はどれくらい?その内訳は?

高齢者は過ごしやすいが、将来の負担増は意識しておこう

住宅型有料老人ホームは基本的な生活に必要なサービスが提供され、また、高齢者の方が暮らしやすい設備もそろっていて、自立した方や軽度の要介護の方には過ごしやすい施設と言えるのではないでしょうか。

その一方で、要介護度が重くなるようだと費用負担も大きくなってきます。

入居の検討に際しては、今元気な方や要介護度が軽い方でも、将来の負担増の可能性も考慮しておくことは必要でしょう。

信頼できる老人ホーム・介護施設をお探しの方へ

入居者の方やご家族の皆さんが信頼できる老人ホームや介護施設を探すには、信頼度の高い老人ホーム検索サイトで資料請求を行うのが近道です。

利用者満足度と信頼度No1の老人ホーム検索サイト「LIFULL介護」は月間120万人以上が利用する業界最大級のサイトです。

全国32000件の施設の中から、まとめて資料請求がカンタンにできます。

LIFULL介護 公式サイト

LIFULL介護の詳細はこちらの記事でご説明しています。